大阪市西淀川区の歯医者。痛くない、できるだけ削らない、再発のない精度の高い治療を実践しています。

ほたに歯科

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-10-23

ご予約・お問い合わせはこちらへ

06-6471-3175

歯周病治療

歯周病とは?

30歳以上の約80%が歯周病にかかっていると言われており、成人の歯を失う原因の第一位はこの歯周病です。歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していきます。歯周病は、虫歯とは異なり、歯が病気になるのではなく、歯を支える組織(歯周組織)に起こる病気です。歯と歯肉の間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨まで溶かして、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

歯周病の進行過程

健康な状態

歯肉は引き締まっていて、淡いピンク色をしています。歯を支える歯槽骨は正常です。歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)も認められません。

歯肉炎

歯と歯肉の溝にプラークがたまると、歯肉に炎症が起きます。そして、歯周ポケットが形成されます。歯磨きをした際に、出血することがあります。

軽度歯周炎

歯肉の炎症は進み、赤みが増していきます。歯磨きをすると出血を伴います。この頃から歯槽骨が溶けていきます。歯周ポケットは3~4mm程度になります。自覚症状は、ほとんどありません。

中度歯周炎

歯肉の炎症はさらに進み、赤く腫れぼったくなります。歯を支える骨が溶けて少なくなっていきます。歯周ポケットは5~6mm程度。歯が浮いたような感じがし、だんだん硬いものが噛みにくくなってきます。

重度歯周炎

歯肉の炎症は一層進み、ブヨブヨとした歯肉になります。歯を支える骨が極端に減少し、歯がグラグラするといった症状が著しくなります。歯周ポケットは7mm以上。口臭も強くなります。

歯周病治療の流れ

1:歯周病の検査

歯周病がどれだけ進行しているかは、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを検査すればわかります。健康な歯肉では歯周ポケットの深さは1~2mmですが、歯周病が進行すると3mm、4mm…と次第に深くなります。

2:歯肉より上の歯石除去

歯磨きでは取りきれない歯石を除去します。主に歯の表面に付着した歯石と歯周ポケットの浅い部分の歯石を除去します。歯石を除去することにより、歯磨きしやすい環境を整え、歯肉の炎症を和らげていきます。

3:評価

歯周病がどの程度改善されたか、検査して確認します。改善されてない場合、スケーリング・ルートプレーニングによって、歯肉縁下の歯石除去を行います。症例によっては、歯周外科処置が必要かを検討します。

4:スケーリング・ルートプレーニング

歯周ポケットの深い部分に付着した歯石や歯周病菌に汚染された組織を除去します。歯の表面と歯の根をつるつるの状態にして、歯石やプラークの再付着を予防します。多くの場合、局所麻酔をする必要があります。

5:再評価

歯周病がどの程度改善されたか、再び検査して確認します。健康とされるレベルに改善されていればメンテナンスに移行します。

5:定期的なメンテナンス

歯周病は再発しやすい病気です。長期的に治療効果を継続させる為に、また健康な状態を維持する為に定期的なメンテナンスをしていくことがとても大切です。 通常は3ヶ月に1度のメンテナンスを実施いたします。

院長プロフィール

院長名

経歴

  • 〇年 大学医学部卒業
  • 〇年 ○○大学病院○科
  • ○年 ○○医院○科

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

※地図はサンプルです

03-0000-0000

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅より徒歩10分

診療日

診療時間

月~金曜日
午前 XX:00~XX:00
午後 XX:00~XX:00

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日